ACTION PLAN次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境を行うため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間

平成30年4月1日〜平成33年3月31日



2 内容

目標 その1

平成32年3月までに年次有給休暇取得割合を、平均60%以上とする。

対策
平成30年4月〜
現状取得割合を把握(最高取得と最小取得も把握)
平成30年5月〜
社内委員会にて取得率向上策の検討
平成30年7月〜
運用開始
  1. 部門長会議、全体朝礼等を通して、全従業員へ制度の周知を図る。
  2. 制度に関するパンフレット等を作成し全従業員に配布するほか、掲示板による広報にも努め、取得推進を図る。

目標 その2

仕事と生活の調和を図るべく、在宅勤務やテレワーク等の場所にとらわれない働き方の導入を目指す。

対策
平成30年4月〜
働き方ニーズヒアリング
平成30年7月〜
就業規則整備
平成30年10月〜
全従業員への内容周知
平成31年1月〜
運用開始